軽減税率の当社伝票の対応について

平素より、当社伝票をご愛用いただき、ありがとうございます。

令和元年10月から、8%と10%の税率が併用して適用される軽減税率制度(区分記載請求書等保存方式)が施行されます。それに伴う、特約店様、ユーザー様方々に当社の現状対応方針をご報告いたします。

標準税率対象のみの取扱伝票に税率表記は求められておりませんので、現行の伝票パターンは変更せずそのままの様式を継続させていきます。

ただし、軽減税率・標準税率を明記する必要がある、軽減税率対象品目の取扱いをされているユーザー様に対し、当社は個別対応制作をいたします。たとえば、現状使用されている当社伝票パターンを軽減税率対応のパターンに無料で変更できるようにいたします。また、ユーザー様の必要項目の追加、利便性を配慮した伝票を制作いたします。

随時、区分経理された伝票デザインをHPに公開していく予定ですので、ご参考ください。

 

※リピート注文の際(特約店様にお願い)
ジムデン仕様伝票の場合、版代(デザイン代)・パターンの変更等の追加料金は発生しませんので、各ユーザー様にお伝えくださるようお願いいたします。ご承知の通り、紙色・印刷色等の独自仕様の場合は、追加料金が発生することがありますので当社担当者に事前にお問い合わせください。


当社の提案事項としては、大きく分けて2通り。
①標準税率、軽減税率の両方の記載が必要な場合。→ “ダブルTAX” (当社オリジナル)
②ひとつの税率を明記して使用される場合。→ “シングルTAX” (当社オリジナル)


①〈ダブルTAX〉例
現状お使いの伝票パターンに、標準・軽減税率ともに記載できる項目を加えたデザイン。

納品書・請求書・受領書
軽減税率対応伝票
【例】伝票パターン№8z(軽減税率対応タイプ)

合計請求書
【例】伝票パターン№10z(軽減税率対応タイプ)

領収証
●複写領収証
領収証№5z
【例】伝票パターン№5z(軽減税率対応タイプ)

●耳付領収証
【例】伝票パターン№408za(軽減税率対応タイプ)

●簡易領収書
【例】伝票パターン№62(軽減税率対応タイプ)


② 〈シングルTAX〉例:8%、10%の税率のどちらか一方を伝票に見やすく表記したもの。
軽減税率対象品のみを取り扱うユーザー様、税率ごとに伝票を区分経理する方にオススメです。

伝票パターン上にある※は現状の伝票のパターンに追加した詳細です。

納品書・請求書・受領書

※「軽減税率8%適用」、登録番号の追加

【例】伝票パターン№8z(軽減税率8%タイプ)

※「標準税率10%」、登録番号の追加

【例】伝票パターン№8z(標準税率10%タイプ)

合計請求書

※「軽減税率対象品」の追加。名入れ下に登録番号。内訳に消費税額「%」を追加。

【例】伝票パターン№10z(軽減税率8%タイプ)

※「標準税率対象品」の追加。名入れ下に登録番号。内訳に消費税額「%」を追加。

【例】伝票パターン№10z(標準税率10%タイプ)

領収証
●複写領収証

※「軽減税率対象」の追加。

【例】伝票パターン№5z(軽減税率8%タイプ)

※「標準税率対象」の追加。

【例】伝票パターン№5z(標準税率10%タイプ)

●耳付領収証

※「軽減税率対象取扱」の追加。

【例】伝票パターン№408za(軽減税率8%タイプ)

※「標準税率対象取扱」の追加。

【例】伝票パターン№408za(標準税率10%タイプ)

●簡易領収書

※「軽減税率適用」の追加。

【例】伝票パターン№62(軽減税率8%タイプ)

※「標準税率適用」の追加。

【例】当社伝票パターン№62(標準税率10%タイプ)

以上が、令和5年10月から施行される適格請求書等保存方式(インボイス制度)までの当社の税率対応方針です。ちなみに、現状ご使用の伝票も「すべて軽減税率対象品」等の手書きでも十分対応できるはずです。

前の記事

注文票